TEL

Blog記事一覧 > 下半身の症状について > 産後の骨盤矯正と尿漏れについて

産後の骨盤矯正と尿漏れについて

2018.05.14 | Category: 下半身の症状について

産後の骨盤矯正をご希望で当院へ来院される患者様が最近とても増えております。

産後の骨盤矯正は出産後2カ月~半年までの間が
ゴールデンタイムと言われておりこの間に受けていただくのが効果的です。

産後一年以上経過した場合は元に戻すのは難しいといわれており
もう一度妊娠した際に受けていただいた方が効果的です。

意識の高い方は産後すぐに骨盤矯正をご希望されてご連絡いただきますが
妊娠直後は骨盤内で微細な出血が続いていたりホルモンバランスが
整っていなかったりと矯正には向いていない状態となっております。

上記のことから2カ月~半年までに矯正を受けていただくことを
当院ではおススメさせていただいております。


産後のトラブルとしては、乳腺炎、母乳不足、膀胱炎、骨盤のゆがみや精神不安などがあると思います。

そして多くの方がお悩みになるのが尿漏れです。

産後の尿漏れの多くは【腹圧性尿失禁】というタイプの尿漏れになり
咳やくしゃみ、立ち上がろうとした際や赤ちゃんを抱きあげようとした際など
お腹に力が加わり、腹圧が上がった際に起こります。

この腹圧性尿失禁の原因は妊娠・出産によって骨盤内で
内臓をハンモックのように支えている骨盤底筋群と呼ばれる
筋肉のたわみ(筋力の低下)によって起こります。

本来は骨盤底筋群の中の一つである尿道括約筋という筋肉が
尿道を収縮して締めてくれている為、お手洗いなどで
排尿しようと意識的に尿道括約筋を弛緩させない限り
尿道から尿が漏れることはありませんが
産後、骨盤底筋群の筋力や損傷がると
腹圧が上がった際に尿道括約筋に力が入らなくなり
結果として尿漏れが起こってしまいます。

産後の尿漏れでは、骨盤を正しい位置に戻し
尚且つ骨盤底筋群の元のようにしっかりと力が入るように
誘導していくことが必要になってきます。

骨盤底筋群は体幹という身体の幹となっている部分を
支える重要なインナーマッスルでもあります。

当院の産後の骨盤矯正では施術後
骨盤底筋群のトレーニングも一緒に行っていきます。

施術をご希望の方はお電話、もしくはLINEにてご連絡下さいませ。

当院へのアクセス情報

茗荷谷クラーレ鍼灸整骨院

所在地〒112-0006 東京都文京区小日向4-7-17 Kハウス
駐車場なし
電話番号03-6755-2448
休診日日曜日、祝日
院長井越 裕太