TEL

Blog記事一覧 > 未分類,自律神経治療について > 自律神経に関係する4つのストレス

自律神経に関係する4つのストレス

2018.07.03 | Category: 未分類,自律神経治療について

自律神経は交感神経と副交感神経という二つの神経に分けられます。

自律神経の中枢は脳の情緒や不安、怒りなどを司る相互に連絡しあっている為
自律神経に問題が生じるとうつ病になると言われております。

その他にも自律神経失調症になると様々な症状が現われます。

慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、下痢
微熱、手足のしびれ、口や喉の不快感、頻尿、残尿感
イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、憂鬱、焦り感などです。

自律神経失調症になる原因として下記の4つのストレスが関係しています

(1)精神的ストレス
(2)構造的ゆがみのストレス
(3)科学的ストレス
(4)温度、湿度のストレス

これらの4つの合計的なストレスの量でうつ病や自律神経失調症が起こると言われております。

科学的なストレスとは食事や栄養もことを指します。
自律神経失調症の患者様は特に
ビタミンA
ビタミンB1、B6、B12
カルシウム
マグネシウム

亜鉛
などを積極的に摂取した方が良いと言われております。

しかし、精神的、構造的、湿度温度のストレスに対し
自分自身で対応していくには無理がございます。

当院の自律神経治療は特殊な微弱電流を用いながら患者様の症状に合わせ
頸椎のアプローチ、頭蓋へのアプローチ、内臓マニュピレーション、
背骨に対してのアプローチを行っていきます。

ずべて愛護的な非常に優しい手技を用いて行っていきますので不快感なく
施術をお受けいただけます。

質問、ご興味のある方はお電話もしくはLINEにてお問い合わせくださいませ。

当院へのアクセス情報

茗荷谷クラーレ鍼灸整骨院

所在地〒112-0006 東京都文京区小日向4-7-17 Kハウス
駐車場なし
電話番号03-6755-2448
休診日日曜日、祝日
院長井越 裕太