TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰について > ぎっくり腰になってしまったら

ぎっくり腰になってしまったら

2017.05.30 | Category: ぎっくり腰について

安静にしておくのがいいのでしょうか。

良く患者様から聞かれますが、

 以前まではなるべく安静にしておくこととなっていましたが、
現在は動ける範囲では動いていただいた方が治りが早いとなっております。
安静にしすぎも良くないということです。

 治療も痛みが出てからなるべく早く行うことをお勧めいたします。
放置していると痛みが長引いて、なかなかすっきり治らないといったケースも多いです。

 そもそもギックリ腰とは急性腰痛のことで、
急性腰痛も原因部位が様々であり、患者様一人一人原因も異なります。
そのため治療を行う前に、どこが原因となっているのかを問診や検査等で見極め、見立てを立ててから治療を行います。

 当院では手技療法や物理療法、レインボー療法、鍼灸治療等で治療を行っております。
問診や検査を行ってから症状に合った治療を行っていきます。
手技療法は主に体を整えていきます。
骨盤の傾きや筋肉の緊張に左右差があったりすることが多いため、それらを調整していきます。
物理療法はいわゆる電気治療で、当院では最新の電気治療器を導入している為、治療効果も非常に高いです。
レインボー療法は刺さない鍼治療と言われ、ツボを刺激しながら痛みを取っていく治療法です。
鍼灸治療はハリによる治療です。
歩くのがやっと。といった方も多くご来院されますが、
お帰りの際はしっかり歩いて帰られます。

治療室も個室となっておりますので、安心して施術を受けられます。

痛みは我慢せずに、
お気軽に当院へご相談ください!

当院へのアクセス情報

茗荷谷クラーレ鍼灸整骨院

所在地〒112-0006 東京都文京区小日向4-7-17 Kハウス
駐車場なし
電話番号03-6755-2448
休診日日曜日、祝日
院長井越 裕太