TEL

テニス肘

2017.07.25 | Category: 上半身の症状について

テニス肘は外側上顆炎という疾患で、外側上顆は肘を構成している上腕骨の外側のでっぱりの部分のことです。

ここには手首や手指を起こす筋肉がいくつも付着しています。

筋肉が骨につく部分というのは、ストレスがかかりやすく痛みが出やすいです。

髪の毛で例えると、髪の毛が筋肉で、毛根が骨への付着部とします。
髪の毛を引っ張ると、毛根の部分が痛むと思います。
これと同じことが肘で起きていると考えていただくといいと思います。

つまり筋肉が硬くなると、付着部にストレスがかかります。

テニス肘はバックハントの際にボールの勢いに負けないように手首を固定した際のストレスが積み重なり外側上顆という場所に炎症がおこり痛みを発します。

痛い場所は肘ですが、手首や手指を動かす筋肉によって痛みが出ている為、治療は肘の下の前腕から手指にかけても行っていきます。

しっかり日ごろからストレッチやコンディショニングを行っていたか、スポーツを行う前後にストレッチを行っていたか、これらのことをやるだけでも十分予防になります。

一人ではやる気にならない方、何をやっていいかわからない方、当院でケアの仕方指導させていただきます。お気軽にご相談ください。

当院へのアクセス情報

茗荷谷クラーレ鍼灸整骨院

所在地〒112-0006 東京都文京区小日向4-7-17 Kハウス
駐車場なし
電話番号03-6755-2448
休診日日曜日、祝日
院長井越 裕太