TEL

肩が挙がらない!

2017.08.29 | Category: 上半身の症状について

五十肩、四十肩は炎症期から拘縮期へと移行していきます。

拘縮期になると可動域の制限が起きます。

拘縮がひどいと日常生活にも支障を及ぼします。

どんどんリハビリをしていかなくてはいけません!

鍼灸治療や電気による癒着剥離等の治療を当院では行っております。

このような症状でお困りの方はお気軽にご相談ください!

当院へのアクセス情報

茗荷谷クラーレ鍼灸整骨院

所在地〒112-0006 東京都文京区小日向4-7-17 Kハウス
駐車場なし
電話番号03-6755-2448
休診日日曜日、祝日
院長井越 裕太