TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 未分類の記事一覧

当施設における腰痛に対してのマネージメント

2020.02.18 | Category: お身体の豆知識,未分類,腰痛について

マッケンジー法を皆様はご存知でしょうか?

 

マッケンジー法とは、

ニュージーランドの理学療法士、ロビン・マッケンジー氏によって、

1950年代に考案されて以来、広く活用されている健康回復のための

自己管理方法です。

 

 

元々このマッケンジー法のはじまりになった、エピソードがあります。

このエピソードを私自身知った時は驚いたので、紹介させていただきます。

 

ロビン・マッケンジー氏が理学療法士としてまだ若かりし頃、彼は、

マニュピレーションを主体としたアプローチを行っていました。

 

ある日彼はとても忙しいスケジュールの中、スミス氏という方を

見ることになっていました。スミス氏は腰痛と下肢の坐骨神経痛を

3週間前から訴えていましたが、どのようなアプローチを行っても良くなる傾向が

見られなかったのです。

マッケンジー氏は待合室で待つスミス氏に

「うつ伏せになって寝ているように」

と伝え数分その場を離れました。

 

しかしそのベッドは、前の方が使用し、背もたれを起こした状態

にセットされたままになっていたのです。

マッケンジー氏が戻ってくると

スミス氏が腰を大きく反らした過伸展の姿勢でベッドに寝ていたため

それをみたマッケンジー氏は仰天しました。

なぜなら50年前のニュージーランドでは、その姿勢は腰痛患者に

最も悪い姿勢と考えられていたからです。

 

マッケンジー氏がスミス氏に今の状態を尋ねてみると、

なんとスミス氏は今までで一番調子が良いと答えたのです。

スミス氏の下肢症状は消え、わずかな腰の痛みだけが

残存するまでに改善しました。

翌日、数分間また同じ姿勢をとってもらうと、

わずかに残っていた腰の痛みも完全に消失したのです。

 

この体験をきっかけとしてマッケンジー氏は調査と研究をかさね、

現在のマッケンジー法を作ったのです。

 

 

今現在、長期間の痛みの原因は

・恐怖回避思考モデル

が大きく関わっているといわれています。

 

恐怖回避思考モデルとは

痛みの体験に対して、悲観的な解釈をしてしまい、

痛みへの不安、恐れ感を持ち、過剰な警戒心、回避行動をとり

痛みの慢性化を起こしてしまうことを指します。

 

楽観的に痛みと向き合うことで軽快、快復に向かっていきます。

 

現在マッケンジー法は、腰痛や首の痛み、手足の痛みなどで悩む人が、

自信の問題を自らが主役となって解決すべきであると考え、

痛みの消失を目的とせず、自分自身で痛みをマネジメントできることを

目的としています。

 

マッケンジー法は多くの書籍が出ていますし、自宅でできるエクササイズ

も含めて紹介されています。

 

慢性痛で悩まれている方は、是非1度、調べて頂ければと思います。

 

また1度ご自身の痛みの原因を知りたい、身体を一度見てもらいたいと

いう方は、一度当施設にご連絡下さい。

 

 

肩こりについて

2020.01.21 | Category: 未分類

皆様こんにちは。

今回は寒い時期、特にお悩みが多い

『肩こり』について説明していきます。

 

『肩こり』とは症状名のひとつで、肩だけでなく首も凝ることが

多いです。中には「肩が張る」と表現する方もいます。

 

厚生労働省による国民生活基礎調査(2015年度)における

有訴者率で男性の2位、女性の1位を占める症状が『肩こり』です。

 

 

 

『肩こり』の症状について皆様はご存知でしょうか?

 

『肩こり』は、首すじや、首の付け根から、肩または背中にかけて張ったり、

凝ったり、痛いと感じ、人によっては頭痛や吐き気を伴うことがあります。

『肩こり』に関係している筋肉は多くありますが、

首の後ろから肩甲骨に付着している肩甲挙筋や、僧帽筋

という大きな筋肉が中心になります。

 

続いて『肩こり』の原因について説明させて頂きます。

 

『肩こり』の原因

肩こりになりやすい原因としましては、首や背中に負担がかかる姿勢での

仕事をされている方、背中が猫背、肩が前に出る方など姿勢が良くない方。

姿勢が原因で頭や腕を支える筋肉(肩甲挙筋、僧帽筋、菱形筋、板状筋、脊柱起立筋、前鋸筋、小胸筋等)の持続的緊張によって筋肉が硬くなってしまい、局所に循環障害がおこります。

それによって、酸素や栄養分が末端まで届かず、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられています。

また、筋肉を包む筋膜の滑走が悪くなるのも原因となる場合もあることがあります。

お仕事が忙しく、なかなか運動が出来ていない方、精神的ストレスも原因になります。

 

では、どうしたら、『肩こり』の原因となっている筋肉に負担をかけないような姿勢を手に入れられるのでしょうか。

 

良い姿勢を手に入れるには、身体を支える為に必要なインナーマッスルをつけるのが

必要不可欠です。

インナーマッスルは身体を支えるのにとても重要な筋肉です。

長時間座ってる姿勢、長時間立ってる姿勢の時に、はたらいているのが

インナーマッスルなのですが、インナーマッスルがない方はこの時に

姿勢が悪くなってしまいます。

また、インナーマッスルが働かないと、外側の大きな筋肉が働きすぎてしまうことにより、

よりアウターマッスルの過緊張を引き起こす要因となってしまいます。

 

当施設では、悪い姿勢には【姿勢矯正】

 

インナーマッスルがない方には【楽トレ】

 

を用いてアプローチしていきます。

 

どこにいっても肩こりが良くならない方、根本改善をしたい方

是非一度ご連絡下さい。

 

夏季休暇につきまして

2019.07.24 | Category: 休診等のお知らせ,未分類

真に勝手ではございますが下記日程を夏季休暇とし

お休みとさせていただきます。

 

8/8(木)通常営業

8/9(金)休み

8/10(土)休み

8/11(日)休み

 

8/12(月)休み

8/13(火)通常営業

 

ご迷惑をお掛け致しますがご了承ください。

梅雨の時期の体調不良の原因と予防

2019.06.03 | Category: 未分類

6月に入りそろそろ梅雨入り間近となりました。

関東は6/8が平均的な梅雨入りだそうです。

 

さて梅雨になると体調がすぐれなかったり憂うつになる方は多いのではないでしょうか?

以前のブログでもお話したことがありますが梅雨の時期の体調不良やうつ病症状には

大きく分けて3つの要因があります。

本日はその要因についてお話いたします。

 

梅雨の体調不良の3つの原因とは?

梅雨になると起こる体調不良は人によって様々な症状を呈します。

多い症状としては、倦怠感や疲労感、頭痛、肩こり、腰痛や手足のシビレなどになります。

また憂うつになったりやる気がなくなったりと精神面にも影響を致します。

この体調不良を引き起こす一つ目の要因は自律神経の乱れです。

自律神経とは交感神経と副交感神経を総称した名称になりますが

自律神経は自分の意志とは無関係に働いてくれる神経になります。

 

主に血管の収縮や内臓の働き、食べ物の消化・吸収、体温調整などを行っていますが

雨などの低気圧になると自律神経が乱れてしまい体調不良が起こります。

 

二つ目の要因は高すぎる湿度です。

自律神経が乱れた結果、うつ病を引き起こすことがあります。

梅雨の時期にうつ病が悪化する原因として高すぎる湿度も関係しています。

人間が快適と感じる湿度は40~60%と言われております。

しかし梅雨時になると室内の湿度は80%にもなる場合があります。

これだげ湿度が高いと不快指数が上がり、イライラしたり

倦怠感や疲労感を誘発する要因になります。

 

そして3つ目の要因がホルモンの不足です。

人の身体には様々なホルモンが存在していますが、日光に当たることによって

体内で生成されるホルモンがあります。

その中でも重要なホルモンがセロトニンというホルモンになります。

セロトニンには様々な効果がありますがそのうちの一つに

心身の安定や、心の安らぎといった作用があります。

 

梅雨時は雲が多く日光を浴びることが難しくなります。

そうなってしまうとセロトニンが減少してしまいうつ病の悪化を引き起こしてしまいます。

 

梅雨時の体調不良を防ぐ為には

今回、体調不良を引き起こす3つの要因のご紹介をしました。

自分でできる予防としては、まず室内の温度や湿度を冷房や除湿をうまく用い

適度な環境をコントロールすることが重要となります。

また数少ない日照時間を有効に活用すために日光が出ている際に

手の平に日光を浴びると効率的に日光を吸収できると言われております。

積極的に日光を浴びてセロトニンを増やすことが大切です。

 

しかし自律神経を自分で整えるのは梅雨時は難しいです。

 

当院では自律神経の調整を行っておりますが外部からのアプローチを行い

乱れてしまった自律神経のバランスを整えることが重要です。

 

また予防にも自律神経調整は有効なので、梅雨時に毎年

体調を崩してしまう方は当院へご相談下さい。

 

5月病には自律神経調整

2019.05.08 | Category: 未分類

10連休が明け、皆様体調はいかかでしょうか。

 

長期休みが明けるとどうしても仕事や学校に行きたくなくなったり

頭がボーっとしたり思考力が低下したりしてしまいますよね。

 

よく五月病といいますが実はこれはあくまで呼称であり

医学的な診断名ではありません。

正確には適応障害という病名になります。

 

5月病の症状とは?

5月病として一般的に知られている症状は下記になります。

・憂鬱

・無気力

・不安感

・不眠

・食欲不振

・動悸

・めまい

・胃痛

・頭痛

 

仕事に行きたくない、働きたくない、という思想が精神的にはもちろん

身体的にも不具合として生じます。

 

どうして5月病になるのか

そもそもどうして5月病になってしまうのでしょうか?

大きなトリガー(引き金)となるのは環境の変化です。

4月以降環境が変わって本人が思っている以上にストレスが増していき

自分自身が耐えられるストレス量を超えてしまうと誘発されやすくなります。

 

5月病になりやすい人

誰にでもなりえる5月病ですが、同じ10連休でも全く症状が

現れない人ももちろんいらっしゃいます。

ではどんな人が5月病にかかりやすいのでしょうか?

・まじめな人

・責任感の強い人

・気配りができる人

・周りに合わせがちな人

・自分の感情をあまり表に出せない内向的な人

 

上記のような人が5月病になりやすいと言われています。

基本的に5月病は一過性のものなので、時間が解決してくれるケースもありますが

中には長期化してしまうケースもあります。

また長引かせない為の予防も重要になってきます。

 

5月病には自律神経調整が有効

5月病はストレスが増してしまい自分が耐えられるストレス量を

超えてしまった結果、出てしまった症状になります。

 

自律神経が乱れる要因の一つに精神的なストレスがあり

自律神経が乱れてしまうと自律神経失調症となってしまい

身体には様々な不調が現われます。

 

実は5月病の症状は自律神経失調症の症状とほとんど変わりがないため

時期的に連休明けに起こる適応障害=5月病

5月病=自律神経の乱れと考えられております。

 

当院の自律神経調整は茗荷谷地域に限らず、文京区からや都内からもお越し頂き

お受けいただいているアプローチになります。

 

連休が明け、もしかして5月病かもしれないと自覚症状が

出て方は当院までご連絡くださいませ。

 

 

ランニングによる足の痛み①

2019.02.12 | Category: 下半身の症状について,未分類

昨今のランニングブームもあり、街中でも随分と

ランニングされている方が多いなと感じます。

特にこの時期はマラソン大会も多く、大会に向かて

練習されている方も多いのではないでしょうか?

 

当院の患者様にも東京マラソンに参加される患者様がいらっしゃいますが

最近足の痛みを訴えてご来院される患者様が非常に多いです。

 

今日から何回かにわけてランニングにおける足の痛み

ランニング障害についてお話していきます。

 

ランニング障害とは?

ランニングを続けることにより、運動期には様々な負荷が繰り返されることになり

疲労が蓄積されることで様々な症状が現われます。

ランナー膝という膝の外側の痛み、足の疲労骨折、シンスプリントという脛の痛み

アキレス腱の痛み、足底筋膜炎という足の裏の痛みなど

一回の外力で発生するようなものではなく、繰り返し、繰り返し

同じ動作を行って発生する特に下肢の痛みをランナー障害と呼びます。

 

ランニングのバイオメカニズム

ランニング中は通常の歩行時と異なり

足が地面についている立脚期と足が宙に浮いている遊脚期に分かれます。

つまりランニング中は両足とも地面についていない時期が生じます。

(歩行時はどちらかの足が必ず地面についている)

その為、着地時には地面から受ける力(床反力)は体重の約2~4倍に

達することが分かっており膝や足などの体重のかかる関節には

大きな力が繰り返しかかることになります。

 

ランキング障害を引き起こす要因

ランニング障害の多くは運動期の使い過ぎ(オーバーユース)によるものです。

ある一定の動作、運動を長時間繰り返し行うことで

骨、軟骨、筋・腱、靭帯、神経といった運動器の耐久性を上回った負荷が加わり発生します。

 

しかし、同じ距離を走っても痛みが出る人とそうではない人がいたり

同じ痛みが出る人でも全く違う場所が痛かったりします。

 

明日以降はなぜ人によって症状が異なるかについて説明していきます。

 

 

外反母趾に対するアプローチについて

2018.11.01 | Category: 下半身の症状について,未分類

外反母趾とは

外反母趾は10:1で女性に多い前足部の変形を特徴とする症状です。

変形が重度になると痛みが生じ治療が必要となります。

一見、母趾が小指側に曲がっているだけのように見えますが、こうなってしまうまでに

足には様々なメカニズムが発生しています。

 

巷では外反母趾矯正という言葉を用い、外反母趾を一回の治療で治すとうたい

集客をされているところもあるようですが

外反母趾の変形は様々な要因からなりメカニズムを理解していると

一回の施術では改善できないことが容易に想像がつきます。

 

しかし外反母趾の痛みは数回の施術としかるべき運動療法で改善が出来ます。

当院では変形に伴う炎症症状に対してのアプローチと

アーチと呼ばれる足のクッション材の役割を満たす構造

足の骨につく様々な筋肉の調整をおこない

外反母趾にたいしてアプローチを行っていきます。

 

外反母趾の原因

外反母趾になってしまう原因の一つとしてハイヒールの履きすぎと

耳にしたことがあると思います。

ハイヒールは確かにつま先部分が細くなっていることが多く

親指が小指側に矯正されるため外反母趾になる一つの原因となります。

しかし外反母趾の罹患率は男女比で10:1と男性でもなります。

男性で外反母趾になる方の原因は恐らくハイヒールではないと思います。

 

男女共通して外反母趾になる方の特徴として土踏まずの低下

足の裏の人差し指と中指の間(第2指と第3指の間)に胼胝(タコ)が出来ている

という特徴があります。

 

足の裏は人の身体の中で唯一、地面と接する器官なので

構造がとても複雑に出来ていますが

その中でも特に重要なのがアーチと呼ばれる足のクッション性を生む場所です。

足の裏には3か所のアーチがありますがそのうちの一つで

足の裏の親指側にあるのが内側縦アーチ、いわゆる土踏まずとなります。

土踏まずがつぶれて偏平足となるとクッション性が低下し

足にかかるストレスが増していきます。

 

内側のアーチが低下すると他のアーチにも負担がかかり

結果として親指にストレスが増し母趾が外反変形していき

最終的に外反母趾となっていきます。

 

外反母趾の治療

外反母趾の治療は親指だけの治療ではなく、足の裏やふくらはぎの筋肉の調整

適切な運動療法が必要となっていきます。

当院では手技療法、物理療法(機械を用いた施術)を中心に

外反母趾の症状に対し適切なアプローチを加えていきます。

 

外反母趾の症状でお悩みの方は当院へご相談くださいませ。

 

 

気を付けてほしい頭痛のタイプ

2018.07.24 | Category: お身体の豆知識,未分類

最近頭痛でご来院される患者様が大変多くご来院されております。

その中で、何名かの患者様は他の整骨院さんに受診し悪化してしまい
その後当院へご来院されております。

頭痛=マッサージとなってしまいますと
現在抱えていらっしゃいます頭痛の原因が緊張性頭痛という頭痛のタイプであれば
恐らく症状は軽減されると思います。

しかし頭痛の原因が偏頭痛であった場合、マッサージを加えると症状が悪化してしまいます。
偏頭痛の原因は血管拡張説が有力と言われており、脳内の血管が拡張(開く状態)することで
炎症細胞などが血管内に集まり炎症を起こすことで痛みを感じるとされております。

ここでマッサージ等で血流を良くしてしまいますと、さらに血管は拡張し炎症症状がひどくなるので
結果として頭痛が悪化致します。
偏頭痛にはマッサージではなく偏頭痛にあった治療が必要になります。
偏頭痛でお悩みの方は当院へご相談ください。

この記録的な暑さにより熱中症になって搬送されている方が多くいらっしゃいますが
熱中症の症状でも頭痛が起こります。

暑いと感じた後に、頭痛に伴って吐き気やめまい、足や身体の一部がつる(こむら返り)
などの症状を感じるようでしたら速やかに水分補給や身体を冷やすなどの処置をお願いいたします。

また気を付けていただきたい頭痛に
起床時に起こる頭痛があります。

朝起きた際に必ず頭が痛くなるという方が稀にいらっしゃいますが
睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。
酸素の欠乏によって起こっている頭痛になります。
睡眠時の症状につきましては自覚症状がなく人に指摘をしていただかないと
わからないことが多いですが、上記の通り起床後必ず頭痛がする方は
一度専門医への受診をお願いいたします。

自律神経に関係する4つのストレス

2018.07.03 | Category: 未分類,自律神経治療について

自律神経は交感神経と副交感神経という二つの神経に分けられます。

自律神経の中枢は脳の情緒や不安、怒りなどを司る相互に連絡しあっている為
自律神経に問題が生じるとうつ病になると言われております。

その他にも自律神経失調症になると様々な症状が現われます。

慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、下痢
微熱、手足のしびれ、口や喉の不快感、頻尿、残尿感
イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、憂鬱、焦り感などです。

自律神経失調症になる原因として下記の4つのストレスが関係しています

(1)精神的ストレス
(2)構造的ゆがみのストレス
(3)科学的ストレス
(4)温度、湿度のストレス

これらの4つの合計的なストレスの量でうつ病や自律神経失調症が起こると言われております。

科学的なストレスとは食事や栄養もことを指します。
自律神経失調症の患者様は特に
ビタミンA
ビタミンB1、B6、B12
カルシウム
マグネシウム

亜鉛
などを積極的に摂取した方が良いと言われております。

しかし、精神的、構造的、湿度温度のストレスに対し
自分自身で対応していくには無理がございます。

当院の自律神経治療は特殊な微弱電流を用いながら患者様の症状に合わせ
頸椎のアプローチ、頭蓋へのアプローチ、内臓マニュピレーション、
背骨に対してのアプローチを行っていきます。

ずべて愛護的な非常に優しい手技を用いて行っていきますので不快感なく
施術をお受けいただけます。

質問、ご興味のある方はお電話もしくはLINEにてお問い合わせくださいませ。

低気圧で体調不良を起こしやすい人の特徴と治療

2018.06.19 | Category: 未分類,自律神経治療について

雨の日は頭が痛くなる。
台風が近づいてくると腰や膝が痛くなる。
梅雨の時期になると古傷が痛む。

天気が原因で起こる体調不良は以前から<気象病>と呼ばれいます。

気象病として最も多くあらわれる症状は頭痛です。
その他にも、めまいや耳鳴り、関節痛、神経痛、古傷の痛み、
そしてうつ病も気象病の一つの症状になります。

気象病の主な原因は気圧の変化になります。
主に不調の変化を訴えるのは気圧が低下した時ですが
なかには気圧が上昇した際に不調を訴える方もいらっしゃいます。

気圧が変化すると人間の身体はストレスを感じます。
(精神的なストレスよ言うよりも物理的なストレス)
ストレスを感じるとそれに対し対応しようと自律神経が活性化されます。

自律神経には交感神経と副交感神経があり
交感神経は血管を収縮させ心拍数を上げ身体を興奮させる働きがあります。
一方、副交感神経には血管を広げて身体をリラックスさせる働きがあります。
この交感神経と副交感神経の調整がうまくいかないと
さまざまな体調不良の原因となってしまいます。

この気象病になりやすい人はどのような方が多いかといいますと
耳が敏感な人になりやすいと言われております。
ただ単に聴力の話ではなく、内耳と呼ばれる鼓膜よりも奥にある
カタツムリのような形をした器官が敏感な人が罹患しやすいようです。(まだ仮説の段階)

内耳が気圧の変化を感じると、脳に情報として伝え自律神経を活性化させます。
ここで内耳が気圧の変化に敏感だと少し気圧が変化しただけでも過剰に脳に情報が伝わり
交感神経や副交感神経が過剰に活性化されてしまいます。

内耳は平衡感覚などを司る器官があり乗り物酔いになりやすい方などは
基本的に内耳が敏感といわれております。
つまり≪乗り物酔いになりやすい人は気象病になりやすい≫と言えます。

では気象病の影響を受けやすい方はどうすればいいかというお話を最後にさせていただきます。

基本的には自律神経の働きを整えるように規則正しい生活を送ることが良いとされています。

しかし現代社会はストレス社会と呼ばれ、様々なストレスが体を襲います。
そのような環境ではなかなかご自身で自律神経の働きを整えるのは難しい状況です。
ですから適切な治療を受けていただく必要性があります。

当院の自律神経治療を非常に愛護的な施術で自律神経に対しアプローチしていきます。
手技療法と物理療法という機械を使った治療を組み合わせて行っていきますが
この手技療法の中には耳に対しても施術をします。

現在、肩こりなどの症状に対しても自律神経系の治療を介入していかなければ
良くならないと言われております。

気象病でお悩みの方は当院へ一度ご相談くださいませ。

当院の自律神経治療に関しましては
こちらをご覧くださいませご覧くださいませ→

当院へのアクセス情報

茗荷谷クラーレ鍼灸整骨院

所在地〒112-0006 東京都文京区小日向4-7-17 Kハウス
駐車場なし
電話番号03-6755-2448
休診日日曜日、祝日
院長井越 裕太