TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 腰痛についての記事一覧

ギックリ腰になったらどうすればいいか

2018.09.27 | Category: 腰痛について

ギックリ腰にはあまり季節性などは関係ないとされていますが

最近ギックリ腰でご来院される患者様が非常に増えてきております。

 

ギックリ腰は、特定の症状があればギックリ腰やなった原因によって

ギックリ腰と診断されるものではなく急性に起こった腰痛

いわゆる急になった腰痛のことをぎっくり腰と表現します。

なので診断名ではなく総称になります。

原因は様々な理由で起こりますが原因がはっきりとわからないこともあり

ヨーロッパでは魔女の一撃と呼ばれています。

急激に動けなくなってしまう為、この名がついています。

 

ではギックリ腰になってしまった場合どうすれば良いのでしょうか?

 

 

以前はギックリ腰になったら安静にしておけと言われておりました。

しかし海外のガイドラインはもう変わってきています。

(日本は2020年を目安に変更予定)

そこには安静臥床は極力控えると明記されています。

つまりベットなどで寝ていることは極力控え、動ける範囲で動いた方が良い

というように書いてあります。

 

以前は安静にしていた方が良いとされていましたが

安静にした結果、逆にもっと動けなくなってしまうケースが多かった為です。

なのでギックリ腰になってしまっても会社を休んで

安静にしていようと思っている方は控えていただいた方が予後が良いと言えるでしょう。

 

では安静ではなくどうすると良いのか?

2017年2月の米国内科学会の発表では強い推奨として

臨床医及び患者は浅部の温熱療法、マッサージ、鍼治療、

脊椎マニピュレーション(背骨を動かす)による非薬物的療法

を選択すべきであるとしています。

つまり薬や注射などは行わず、上記の治療をおこなった方が効果的であるとしています。

 

腰痛は日本人特有の症状ではなく世界共通の疾患です。

世界で様々な治療や研究がされてきた中で今日では

上記の治療が投薬などよりも効果的とされております。

当院では上記の治療や運動療法を効果的に行いながら

ギックリ腰に対してアプローチをしています。

 

ギックリ腰でお悩みの際は当院へご相談くださいませ。

 

 

腰痛を招く生活習慣

2018.08.28 | Category: 腰痛について

医学はどんどんと進歩していっておりますが、世界的にみても
腰痛患者の数(人口)は全く変わっていません。

腰痛の主な原因は長時間の座位と屈曲位(前かがみの姿勢)の2つと言われております。
世界的にもITの普及によりPC作業などのいわゆるデスクワークが多くなり
長時間座って仕事をする人が増えたことにより腰痛患者が増えております。

先進国でも特に就業時間の長い日本人は他国よりもさらに腰痛になりやすい環境と言えるでしょう。

主な原因は長時間の座位と屈曲位ですが、腰痛になりやすい危険因子
腰痛を招く生活習慣があるとされています。

腰痛を招く生活習慣とは?

腰痛を招く生活習慣として下記の4つがあります。

1.肥満
2.運動不足
3.喫煙
4.睡眠不足

BMI30以上+運動量300kcal/週未満の人の腰痛発症率は
BMI25未満+運動量600Kcal/週以上の人の2倍とされています。

BMIとはボディ・マス・インデックスの略で体重と身長の関係から人の肥満度を示す体格指数になります。
計算方法は世界で統一されていますが肥満の判定基準は国によって異なります。
ちなみに日本肥満学会ではBMI指数22を標準体重として25以上を肥満、18.5未満を低体重としています。

計算法は体重÷(身長m)²になります。
身長170cm体重60kgの場合60÷2.79=20.76となる為
標準体重よりも痩せているいう評価になります。
(BMIは身長と体重のみから計算するため筋肉量が多い方などは肥満に分類されるなど正確ではないこともあります)

カロリーの消費も年齢や体重などにより異なりますが
300kcalはおおよそ1日20分の歩行を週に5回行ったときの運動量になります。

つまりBMI30以上の人で20分程度の歩行を週に5回行わない程度の運動量では
腰痛のリスクがBMI25未満+運動量600Kcal/週以上の人の2倍になりますよということになります。

タバコにかんしては百害あって一利なしなんて言葉もありますが
どうやらこの百害のうちに腰痛も含まれそうなことが報告されています。

1日あたりの喫煙本数が10本増えることにより腰痛の発症率は1.10倍と報告されています。

また睡眠不足も身体に様々な不調を起こす原因になりますがこれも腰痛との関係性が指摘されています。

睡眠時間が4時間未満の人の腰痛発症率は睡眠時間8時間以上の人の2倍とされています。
睡眠時間が短いと椎間板いう水分を多く含んだ組織に十分水分が戻らなくなるためと考えられております。

上記の内容があれば必ず腰痛になるわけではありませんが
腰痛を引き起こすリスクになることは明らかです。

当院では腰痛治療のアプローチ法として手技療法(マッサージや矯正)物理療法(電気、温熱)の他に
運動量も取り入れております。

現在各国の腰痛治療のガイドラインには身体活動と運動療法そしてセルフケアが重要と記載されています。

正しい運動療法をおこなった後、自宅で行えるようなセルフケアもご教示しております。

腰痛でお悩みの際は当院へご相談くださいませ。

茗荷谷 腰痛

2018.01.30 | Category: 腰痛について

1週間経ちましたがまだまだ雪が残っています。

雪かきを頑張って腰が痛い。という患者様多くいらっしゃいます。

なかなか良くならないという方。

そのままにしておくと痛みが慢性化してしまいます!

是非ご相談ください!

雪かきは全身を使います。

腰だけの問題でないことも多いです。

しっかり治しましょう!

茗荷谷 腰痛

2017.12.15 | Category: 腰痛について

年末に近づくにつれて忙しくなってくる方も多いと思います。

身体のケアできていますか?

腰痛でお悩みの方はとても多いと思います。

腰痛にもたくさんパターンがあり、皆さん10人いたら10通りの症状だと思いますので、

これをしておけばいいというのはないと考えております。

そのため検査や問診をしっかり行い、その方の問題点を抽出し、

それぞれに合った治療を行っていかなくてはいけません1

なかなか良くならない、腰痛が辛い等

お困りの際はお気軽にご相談ください!

茗荷谷 腰痛

2017.11.30 | Category: 腰痛について

早いもので明日から12月ですね!

12月は忙しいという方が多いです。

年末に向けてお仕事が立て込んでくると、自己ケアというのはどうしてもおろそかになってしまいますよね。

疲労が蓄積し、痛みを発症してしまうという方が多い月でもあります。

時間があるときにはお身体をいたわってあげてください!

当院ではインスタグラムにてセルフストレッチ等をご紹介しております。

是非やっていただくとお身体にとって非常に良いと思います。

なかなか自分ではという方は当院でお手伝いさせてください!

痛みが来ないようにしっかりケアしていきましょう!

茗荷谷 腰痛治療

2017.11.13 | Category: 腰痛について

今朝は今季一番の冷え込みとなりました。

寒いと腰に不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

最近はまた当院へギックリ腰で来院される方が増えてきました。

季節の変わり目などは関節に負担がかかりやすいと言われております。

当院では様々なアプローチ法でギックリ腰に対しアプローチを加えていきます。
ギックリ腰は一人一人症状が変わってくるので一人一人治療法が異なります。

また何回もギックリ腰を経験されている方はギックリ腰の前兆をご自身で何となく感じることがあると思います。
実際にギックリ腰になる前に治療を加えることでギックリ腰を事前に防ぐことができます。

以前に経験されていて、腰に違和感や前兆を感じた方はすぐ当院へご連絡下さいませ。

腰痛

2017.11.06 | Category: 腰痛について

最近寒い日が多くなってきました!

寒くなると筋肉の障害が多くなってきます。

最近は当院でもぎっくり腰の患者様が多く来院されます!

当院では問診、検査の徹底で治療方針を決めています。

いち早い症状の改善を目指していきます!

お困りの際は是非ご相談ください!

茗荷谷 根本治療(腰痛)

2017.10.18 | Category: 腰痛について

おはようございます。

今朝は久しぶりに清々しい天気になりましたね。
私も気分がスッキリしました。

昨日は肩こりについて投稿致しましたが
本日は腰痛に関しての投稿になります。

腰痛も肩こり同様、揉んでもらってもその場ではよくなっても
次の日にはすぐに戻ってしまう方も多いと思います。

慢性的な腰痛は様々な原因、メカニズムにより発症致しますので
単純に腰や背中の筋肉をほぐせば良くなるというものではありません。

なぜ腰痛になってしまうのか、何が原因なのか?が重要になります。

当院では、姿勢や動作の分析から原因を探り
症状に合わせた治療、アプローチを加えていきます。

慢性的な腰痛でお悩みの方は一度当院へご相談くださいませ。

茗荷谷 根本治療(肩こり)

2017.10.17 | Category: 腰痛について

こんにちは!

昨日より気温は上がりましたが、今朝も雨が降り寒いですね。

肩こりでお悩みの方は多いのではないでしょうか。
中には揉んでもらうと良くなるが
次の日にはまたすぐ戻ってしまう方もいらっしゃると思います。

単純に筋肉が張っていたり、血流が悪いだけであれば
揉めばよくなるかも知れません。

しかし、肩こりは様々な要因から起こることが多く
例えば、血流の問題は肩回りだけではなく下半身の血流不全からも
肩こりの原因となってしまいます。

また肩甲骨の位置がずれてしまっているような状態では
常に一定の筋肉にストレスがかかってしまいます。

このような原因で起こっている肩こりに対し
単に揉むだけではその場しのぎの治療となってしまいます。

しっかりと評価してから治療を行うのが効果的です。

当院の根本治療では、しっかりと原因を見極めて
症状にあった治療法、アプローチを加えていきます。

揉んでもらってもすぐ戻ってしまう方は
是非当院の根本治療コースをご体験ください。

腰痛の原因を探そう!

2017.08.30 | Category: 腰痛について

腰痛と言ってもいくつも原因となるところがあり、4
筋筋膜性腰痛、椎間板性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、仙腸関節性腰痛、圧迫骨折、腰椎横突起骨折、など急性の腰痛から慢性に腰痛、外傷性の腰痛など症状も様々です。

検査にてどこから痛みが出ているのか見極め、それに合った治療を選択していきます!

腰痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください!

当院へのアクセス情報

茗荷谷クラーレ鍼灸整骨院

所在地〒112-0006 東京都文京区小日向4-7-17 Kハウス
駐車場なし
電話番号03-6755-2448
休診日日曜日、祝日
院長井越 裕太