TEL

Blog記事一覧 > 腰痛について > 茗荷谷 歩くと痛い 腰部脊柱管狭窄症

茗荷谷 歩くと痛い 腰部脊柱管狭窄症

2017.05.31 | Category: 腰痛について

今日5/31は世界禁煙デーみたいです。
タバコは百害あって一利なしと言われます。
できたら控えたいですね。ただ吸わないのもストレスで体に毒ということもあるので吸っている方は少しずつ減らしていけるといいですね。

タバコを吸っていると血管に良くなくバージャー病という疾患のリスクも高まります。
バージャー病は閉塞性血管血栓炎のことで四肢の血管が閉塞し血流不全になります。
四肢の動脈が閉塞すると、虚血症状として冷感やしびれ感、間欠性跛行、安静時疼痛、潰瘍・壊死などの症状が出現します。
間欠性跛行とは歩いていると足が痛くなり続けて歩けない症状のことを言います。
少し休むとまた歩けるようになります。
似たような疾患に腰部脊柱管狭窄症や閉塞性動脈硬化症があり、これらも間欠性跛行を呈します。
これらに当てはまる方は一度当院へ来院していただき、症状を確認させてください。

当院へのアクセス情報

茗荷谷クラーレ鍼灸整骨院

所在地〒112-0006 東京都文京区小日向4-7-17 Kハウス
駐車場なし
電話番号03-6755-2448
休診日日曜日、祝日
院長井越 裕太